施工事例

二間続きの枠の内と古材を再利用した『素足で暮らす家』

N様邸 富山県氷見市
旧母屋の面影を残すN様邸。二間続きの枠の内を再生、使える古材・古建具の再利用など、プランニングの段階から考慮しました。いたるところに富山県産材の杉を使用し、素足で過ごすことが気持ちのいい住まいとなりました。

枠の内を再生した存在感のあるL・DK

N様の枠の内や古材・古建具を残したいという、材木屋生まれとして嬉しいお話をお聞きし、
打ち合わせを重ね、家族の集う空間へと生まれ変わりました。

"広間"と"中の間"の二間続きの枠の内を移設したリビングとダイニングキッチン。
広々とした落ち着きのある空間に仕上がりました。

面積的にも空間的にも大きなN様邸ですが、
家中の温度差が少ない『素足で暮らす家』なので、どこにいても快適空間です。

nhimi01-02.JPG

内装には富山県産材の杉をふんだんに使用しています。
柾目を使い、木目が美しい天井。
床材の杉板は厚さ30mmもあります。

nhimi01-03.JPG

板戸をはじめとした古建具もいたるところに再利用しています。

nhimi01-04.JPG

生まれ変わった旧住まいの誇材(古材)

旧N様邸で使われていた書院の障子戸は、新しい和室でもマッチしています。

和室と繋がる縁側からは、見応えのある立派な庭園を眺めることができます。

nhimi01-07.JPG

玄関を入ってすぐに、式台や古建具を再利用したホールが広がります。

旧母屋の面影を残すN様邸は新築の住まいですが、また違った雰囲気となりました。

nhimi01-06.JPG

nhimi01-05.JPG

壁面を使った収納

お父さんの書斎として設けられたワークスペース。
その壁の裏側を利用して一面に収納棚を造りつけました。

nhimi01-18.JPG

緩やかな直階段を登った2階ホールには、手摺り壁いっぱいに本等の収納が可能です。

nhimi01-08.JPG

▲ページトップへ

枠の内の再利用

解体時の様子。最後は大工さんによる手作業によって丁寧に切り離されます。

nhimi 01-13.jpg

建前までの間、養生をして別の場所で保管されます。
基礎工事の後に、通常の新築住宅と同じように一緒に組み上げられていきます。

nhimi01-14.JPG

再利用した古建具

ランマ、小口縁、建具・・・残したいものをプランニングの段階から考慮し、計画を進めてきました。

完成写真とぜひ比べて見てくださいね。

nhimi01-09.jpg

nhimi01-10.jpg

nhimi01-11.jpg

nhimi01-12.jpg

無垢板

床、天井、腰壁・・・多くの内装仕上に杉やパイン材が施工されました。
県の補助事業である「とやまの木で家づくりモデル事業」の対象となっています。
(注:補助は富山県産材についてのみ)

nhimi01-15.JPG

nhimi01-16.JPG

nhimi01-17.JPG

▲ページトップへ
土地面積

2776.08m2(約838.09坪)

施工面積

283.38m2(約85.55坪)

延床面積

279.05m2(約84.24坪)
1階 218.18m2(約65.87坪)
2階 60.87m2(約18.38坪)

用途地域

指定無し

建ぺい率

60%

容積率

200%

建物構造

ソーラーサーキット+枠の内再生、古材再利用

仕上げ部材

外部仕上げ
基礎/ベタ基礎(SC仕様)+基礎断熱+防蟻工事(ターミメッシュ)
外壁/窯業系サイディング
屋根/日本瓦
内部仕上げ
玄関
[床]/磁器質タイル
[壁]/珪藻モダンコート塗
[天井]/クロス
和室
[床]/畳
[壁]/じゅらく塗
[天井]/杉板杢竿縁天井
L
[床]/杉板30mm+自然塗料
[壁]/ハミルトンウォール(しっくい)
[天井]/EP塗

設備機器

キッチン/クリナップ
洗面化粧台/TOTO
システムバス/TOTO
便器/TOTO

▲ページトップへ
体感ハウスへ行こう!