施工事例

地元産材の床に家族で仕上げ塗布した思い出の家づくり

O様邸 富山県小矢部市
2013年2月に開催した『暖の日』に参加され、家づくりがスタートしたO様。地元産材をふんだんに使用し、仕上げ塗装をO様ご家族が力を合わせて塗布されました。日々の暮らしの中で、家づくりの思い出が肌で感じることができます。

家を支える大黒柱が中心のLDK

リビングを入ってすぐ目に入る丸い大黒柱。
O様邸をしっかりと支えます!

DSC_1473.JPG

LDKからは和室ともつながるので、空間を広々と使うこともできます。
バリアフリーなので、小さなお子様が走り回ってもつまずく心配がありません。

DSC_1469.jpg

DSC_1475.JPG

地元産材をふんだんに利用した室内

和室と水回り以外の床材は、全て地元産材の杉板(30mm)を使用しました。
冬でもヒヤッとしない、木の温もりが伝わってきます。
仕上げの自然塗料は、O様ご家族が力を合わせて塗布しました。
(スタッフブログにて、その様子をアップしています。 >>コチラ

DSC_1358.JPG

DSC_1317.JPG

O様邸は木材利用ポイントの対象住宅です。

DSC_1356.jpg

物干しも大丈夫!な脱衣室

2.3帖の洗面脱衣室には、物干し金具を設けました。
蓄熱暖房器があるため、サンルームとしての機能も兼ね備えています。

DSC_1488.JPG

▲ページトップへ

配筋検査

配筋検査の様子です。
図面通りに施工されているかチェックしました。

7月16日 配筋検査 (8).JPG

7月16日 配筋検査 (32).JPG

建ち前

平成25年7月31日(水)大安吉日
快晴の中、上棟を終えることが出来ました。

7月31日 立て方 (4).JPG

7月31日 立て方 (14).JPG

屋根工事

ソーラーサーキット仕様のため、
天井ではなく、屋根ラインで断熱材を施工します。

断熱材の上に設けた胴縁は、風の通り道(アウトサーキット)の役割を果たします。

8月1日.JPG

スタッフブログ

スタッフブログにて工事状況を一部アップしています。

●小矢部市O様邸(h25 担:森川)

▲ページトップへ
土地面積

394.20m2(約119.01坪)

施工面積

143.68m2(約43.37坪)

延床面積

124.22m2(約37.50坪)
1階 79.50m2(約24.00坪)
2階 44.72m2(約13.50坪)

用途地域

指定無し

建ぺい率

60%

容積率

200%

建物構造

ソーラーサーキット

仕上げ部材

外部仕上げ
基礎/ベタ基礎(SC仕様)+基礎断熱+防蟻工事(ターミメッシュ)
外壁/窯業系サイディング
屋根/日本瓦
内部仕上げ
[床]/地元産材の杉フロアー30mm+自然塗料
[壁]/エコクロス
[天井]/エコクロス

設備機器

キッチン/クリナップ
洗面化粧台/タカラ
システムバス/LIXIL
便器/LIXIL

▲ページトップへ
体感ハウスへ行こう!