スタッフblog

造作工事(パテ処理・造作棚等)

* * *

K邸新築現場はいつでも見学可能です!
「見学希望」の旨を事前にご連絡くださいね♪
0766-69-8703 ㈱アキ 影近まで

* * *

※K邸はフラット35S(金利Aタイプ)の平屋建てです。

* * *

●~3月13日 パテ処理+造作棚+ウッドデッキ

我が家のことながら、5日ぶりの現場訪問です。
一気に工事が進んだような印象を受けました(゜゜)

20170313 (8).jpg

20170313 (7).jpg

ポーチや玄関土間、暖炉の壁部分のタイル貼りが終わりました!
養生されているので全貌はお楽しみです。

20170313 (5).jpg

20170313 (4).jpg

下地ボードの施工が終わり、パテ処理中の内部。
一段と空間がハッキリ分かれて、部屋らしくなりました。

20170313 (3).jpg

仕上げ施工に先だって、一部造作棚の取り付けも進められています。
写真はキッチンの食器棚(の予定)。

20170313 (6).jpg

塗り壁の材料も搬入されていました。
水廻りのクロス貼りが終わり次第、塗り壁の施工に移ります。
今回使用する塗り壁の材料は、自然素材のWallo(ウォーロ)。
(株)アキで使うのは初めての試みです。
私も塗装作業の一部でも自分でやってみたいと思っています。
(見学会に向けて時間のない中、ただの邪魔になりそうですが(- -;))
良い素材であれば、今後お客様にもオススメしたいと思います!

≫ 天然素材100%ほんわか空気の塗り壁材Wallo(ウォーロ)の詳細

20170313 (2).jpg

外部では、可西大工さんがウッドデッキの施工を進めています。

20170313 (1).jpg

材木はセランガンバツといって、耐久性に優れた特徴を持っています。
現場担当の栗原さんに「腐りにくい材料で」とお願いしてセレクトしてもらいました。
可西大工さんからも「良い材料だ」とお墨付きです(^^)

* * *

K邸新築現場はいつでも見学可能です!
「見学希望」の旨を事前にご連絡くださいね♪
0766-69-8703 ㈱アキ 影近まで

* * *

体感ハウスへ行こう!