スタッフblog

外壁工事(耐力壁)

* * *

M様邸新築現場はいつでも見学可能です!
「見学希望」の旨を事前にご連絡くださいね♪
0766-69-8703 ㈱アキ 片岡まで

* * *

建て方から約半月、施行はどんどん進められています!
リアルタイムに追いつけるよう、更新を頑張ります^^;

20170606-8.jpg

屋根工事の様子。M様邸は瓦葺きの屋根です。

大工工事は外壁まわりの耐力壁の施工が進められました。

一般的な住まいでは、筋交いがメインの耐力壁としていますが、
M様邸では外周部(外壁まわり)に面材のハイベストウッドを使用して
より耐震性の優れた設計となっています。

20170606-5.jpg

可西棟梁のこだわりで、ハイベストウッドの釘ピッチはN50で100ピッチ以下で施工されています。
釘打ちのピッチが狭い程、壁耐力の倍率が高くなります。
設計どおりの壁倍率を出すには、細やかな施工が求められます。
釘が2ミリ食い込むと効力がなくなってしまう。

几帳面な可西棟梁なので、まず釘をエア釘打ち機で浮かせ気味に打ち込んだ後、浮いた釘は手打ちしている...とのこと!

20170606-7.jpg

隠れて見えなくなる部分まで、キチンと施工されています(^^)

もちろん外周部だけでなく、設計上バランスを考慮して、内部にも耐力壁を配置しています。

20170606-9.jpg

構造部分については、後日、検査(瑕疵保険による中間検査)が入り、入念にチェックされます。

* * *

M様邸新築現場はいつでも見学可能です!
「見学希望」の旨を事前にご連絡くださいね♪
0766-69-8703 ㈱アキ 片岡まで

* * *

体感ハウスへ行こう!